天職メンタルブレイクセラピー

日大問題がスゴイ展開を
見せていますね(@_@;)

 

 

選手が誠実な謝罪会見をしたり、
日大側も謝罪会見をした結果、
また炎上したり、
両極端な結果がでています。

 

 

ネットニュースを見ていても、
いろんな方が発言されているくらい
注目度が高い問題ですね。

 

 

 

私、ナカアズサ
プロフィールはこちら

も注目している問題で、

 

 

 

①情報化社会のリスクヘッジ
②扁桃体をコントロールしているか?
③感情のブロックを持っていると
ピンチをあっさり招く

 

 

という点で見ています。

 

 

 

 

 

 

情報化社会のリスクヘッジ

 

 

 

前回のメルマガでもお伝えしましたが、
今はVUCA時代です。

 

 

VUCA(ブーカ)っていうのは、

 

 

 

Volatility(変動性)

Uncertainty(不確実性)

Complexity(複雑性)

Ambiguity(曖昧性)

 

 

 

という、4つの単語から
頭文字をとって作られた単語です。
現代の“カオス化した経済環境”を
指す言葉なんです。

 

 

・・・カオスって、
言っちゃってますね(@_@;)

 

 

何が起きるか分からない社会環境なので、
危機管理やリスクヘッジという分野が
注目され、活性化されています。

 

 

子供のしつけにもあるように、
“悪いことをしたら、ちゃんと謝る”
ということが個人だけでなく、
企業として、社会人として、
必要なんですね。

 

 

自分の行動に対して、
どれだけ最小限のピンチで
切り抜けられるかということが
リスクヘッジの考え方です。

 

 

選手側と日大側でこの問題で
真逆の対応をしているのが見て取れます。

 

 

SNSの登場で
双方向のコミュニケーションが
可能になっています。
だから、昭和のように、
隠せるものが隠せなくなり、
表に出すことがカンタンになっています。

 

 

選手側は逃げずに会見を開き、
真摯に発言をしました。
カオスな毎日を生き抜く心のルールでは、
完全自己責任のルールがありますので、
自分のしたことは罪と罰が伴いますが、
真正面から受け止め、
償う姿勢を見せたことで、
ピンチが拡大することを
押さえた状態です。

 

 

逆に、日大側は、
「自分たちには非がない」と
発言しているのですが、
動画が拡散されている以上、
証拠が残っているので、
問題を隠すことができていないので、
その発言をしても、誰も信用しません。
社会的には、彼らが
「嘘をついている」と認識しているので、
これを覆すのは難しいです。

 

 

ただ、これまで
ピンチを拡大するのを
押さえるタイミングは
いくつもありました。
ネット民の多くが指摘しています。

 

 

 

なぜスルーしていたのでしょうか?

 

 

これ、あなたは不思議に
思っていませんでしたか?

 

 

 

扁桃体の感情コントロールをしているか?

 

 

 

こういったピンチの状況を
乗り越えるためには、
感情をコントロールした方が
上手くいきます。

 

 

その感情をコントロールする器官は
扁桃体です。

 

 

扁桃体には情動反応があり、
「闘争・逃走反応」という本能を
司っています。

 

これは命の危険を伴う
狩猟時代の反応と言われていて、
「戦うか、逃げるか」の
二者択一をすることで、
生存するためのリスクヘッジを
していました。

 

情報化社会の今でも
人はこの反応を持っています。
扁桃体はネガティブな感情と記憶を
保存していて、
生存するためのリスクヘッジをします。

 

つまり、
「自分の過去の経験で
自分の存在を脅かされた時の記憶と
闘争と回避の行動パターン」が
保存されています。

 

 

 

「闘争・逃走反応」なので、
感情的には、

 

闘争→怒り

逃走→不安・恐怖

 

ということです。

 

 

日大側の対応を見ていると、
「自分たちには非がない」と
怒りの行動を見せていますし、
その裏側には
恐怖があるのが分かります。

 

脳科学的にいうと、
扁桃体のコントロールに
失敗しているのが、
日大側と言えます。

 

 

 

 

 

感情のブロックを持っているとピンチをあっさり招く

 

 

日大側はどんどんピンチが
拡大していますよね。
とうとう監督は心労で
入院してしまいました。

 

 

なぜ、この行動を選択したのは、
どこが反応したのか
あなたならもう分かりますよね。

 

 

人は、
「自分の過去の経験で
自分の存在を脅かされた時の記憶と
闘争と回避の行動パターン」を
持っています。
その経験則の下、
動いていると言えます。

 

ピンチの拡大を押さえようとして、
行動の選択をしているのですが、
誰がどう見ても
上手く行っていないですよね(*_*;

 

 

上手くいかない原因は、
扁桃体が司っている潜在意識の中に、
かなり大きな
「ネガティブな感情のブロック」を
持っているからです。

 

扁桃体は
感情のコントロールする機能だけでなく、
潜在意識の感情の記憶も司っています。

 

 

無意識に、
ネガティブな感情で動いているので、
量子力学から見ても、
「共鳴現象」が働いているので、
残念ながら、今後ますます
ネガティブな事態に
巻き込まれていくことになるでしょう。

 

 

 

 

・・・・他人事じゃないです。

 

 

 

日大の問題は社会問題に発展しましたが、
こういった扁桃体のコントロールミスは
誰にでもあるので、他人事じゃないです。

 

むしろ、“見せられている”と
思った方が良いと思います。

 

ピンチをさらに拡大させないためには、
脳科学的にいうと、
扁桃体がカギになってきます。
それは前述した通りです。

 

 

特に、女性は感情豊かな性質があるので、
きちんと感情のブロックを外していると、
毎日が楽しく、
笑っていられる充実した日々を
送れるようになりますよ(^^♪

 

 

あなたは突然訪れる人生のピンチに
どうやって対処すればいいと
思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

【天職行動スイッチセッション】

 

 

女性起業家、会社員、経営者、理事、
セラピスト、コンサルタント、
看護師、秘書、保育士、占い師、
スピリチュアルヒーラー、トレーナー、
アーティスト、子育てママ、主婦・・・

 

 

といった様々な方に
セッションを受けて頂いています。

 

 

 

⇒天職行動スイッチセッションのご感想はコチラから

 

 

 

⇒よくあるご質問はコチラから

 

 

 

⇒お問い合わせはコチラから

 

 

 

↓まずは無料メール講座にご登録ください↓

ナカアズサ

メンタルブレイクセラピスト

ナカアズサ

90.4%の人が6カ月以内に幸せな変化を実感。自分らしい生き方ができる“天職”が見つからない女性のために、仕事や人間関係でしあわせになれるようにサポートをする。科学的なエビデンスのある手法を取り入れて、“一瞬”で心にあるメンタルブロックを解消する。